New Release(新着情報)

【卒業生情報】R1.5.7

7期副将・尾崎 柊(おざき しゅう・現、北海道リラ・コンサドーレ)が

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプ(5/9-12@J-GREEN堺)に選出されました。文字通り全国から同世代が集まっての活動となり、世代別の日本代表候補となります。多くの声援をどうかよろしくお願いいたします。

 

JFA掲載記事はこちらから

JFAエリートプログラム女子U-13 メンバー表はこちらから


 

【卒業生情報】R1.6.11~14

第72回全国高校総合体育大会(インターハイ)北海道予選において卒業生の活躍です!

 

<男子>2期副将で現在もチーム不動の歴代No.1の10番だったエースとして語り継がれる先輩でもある、武田功平(たけだ こうへい・現、東海大札幌高3年←アンフィニMAKI.FC)が活躍。

特に2回戦屈指の好カード、対北海道大谷室蘭(旧校名・室蘭大谷高)との試合は0-0の拮抗した試合の中、残りわずかな時間の中で見事なボレーで決勝弾を決めベスト8に進出しました。チームは惜しくも準々決勝敗退でしたが、この冬の活躍に期待です!

 

<女子>4期副将で卒業後も在籍選手からの信頼も厚く、プレー以外の場でもたくさんの教えを伝えてくれる心優しきなでしこ、森上 茉耶(もりがみ まや・現、小樽北照高1年←クラブフィールズ・リンダ)が出場し、1回戦帯広大谷高との初戦をわずか10人しかいない女子サッカー部の中でも献身的な動きで守備をサポート。こちらも接戦の中最後の最後のセットプレーから値千金決勝弾を決めてチームとしても公式戦初勝利の快挙を成し遂げました。こちらも次戦で惜しくも敗退となりましたが、今後の活躍に目が離せません。

 

卒業生が全道大会で躍動し、また幸運にも試合でシュートを決め、そのシュートがチームの勝利を決定づけるものになることは、これからもずっと彼らの中で大きな糧になると思います。今回活躍した2人の選手に共通する事は、在籍中からプレーだけでなく、プレー以外の場でも周囲の事に気を配れる選手であり、また礼節においても他の選手以上に見本となる選手でした。普段の生活姿勢がプレーに反映されていると強く感じるシーンでした。

 

また、今回札幌地区予選でメンバー入り出来なかった選手を含め出場できなかった選手など、卒業生の活躍を見ることができました。実力がありながら今大会出場できなかった選手を含め、まだまだこれからチャンスをつかんで、チームの代表選手としてピッチに立つだけでなく、サポート役であっても活躍してほしいと思います。

今後の卒業生の活躍にもどうか大きな声援をお願いします。

 


H27.5.25

札幌中央フットボールクラブの新たなホームページを作成いたしました。

これまで簡易版で作成しておりましたが、装いも新たに作成しております。

選手用のページなども随時作製していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。